ひばり@中長期投資

ジェレミーシーゲルメソッドを国内市場に落とし込んで投資 来たるべき教育資金の需要と生活資金の足しにするため、投資を行う 。優待獲得と個別分散を組み合わせ、恐怖に打ち克つ。

優待慢性高逆日歩銘柄に対し、信用買で日歩ゲットできるのか

あんまりにもゼンショーの9月逆日歩が毎年高逆日歩なものだったので、2016年9月に信用買いで日歩ゲットしたらどうなるのか検討してみた。

 

まず、過去の逆日歩を確認してみる。

 

2012年09月30日分の逆日歩 150
2013年09月30日分の逆日歩 2400
2014年09月30日分の逆日歩 1760
2015年09月30日分の逆日歩 1450

ゼンショーホールディングス(7550)の過去の逆日歩 - 株主優待を極める

 

過去4年の平均値は 1440 円 であった。ただし、各年ごとの過去の逆日歩日数は考慮していない。

 

1000株信用買いすれば、14400円の獲得となる。

なお、配当金は相殺されるので、考慮していない。

 

次に1000株信用買いをしたときの日歩を獲得するためのコストを算定してみる。ちなみに今年【2016年】は逆日歩3日なので金利負担も同様に算定。各証券会社ごとに手数料体系が違うことに注意しなければならない。

 

信用売りコスト SBI一般信用売

売手数料と決済手数料 1836円×1000株×(100万円@432円)×2=1586円

 

金利 183.6万円×3.9%×8日(今回は権利確定日2日前に突撃、逆日歩3日、受け渡しまで4日)=1569円

 

私は現渡し余力を持ち合わせていないので、手数料の安いクリック証券で信用買い

 

買手数料 1836円×1000株×2(500万円まで100円)=200円 

金利 183.6万円×2.1%×8日(今回は権利確定日2日前に突撃、逆日歩3日、受け渡しまで4日)=845円

信用取引名義書換料 540円

 

合計 4740円

 

優位性があるのではないかと推測している。

 

 

信用の金利って受渡日までかかるのかな? わからない。

 

 

GMOクリック証券 - 手数料・費用一覧 | サービスガイド

 

殴り書きなので誤っている可能性あり、自己責任で。