ひばり@中長期投資

すべての情報はホラです。このブログを参考に投資は絶対にしないでください。

2017年4月1週目の成績

 

‪年初来プラス4.9パーセントです。‬

‪キャッシュポジションは、20パーセントとりました。‬

‪アホールドの私にとっては十分キャッシュに変えた感じです。‬

年間15%前後の意味のないブレが日本小型株にはあると認識しているので、現在私の保有銘柄がマイナスになっているということは、

 

「欲しくてたまらず、購入してしまった。長期投資だからいいだろう。」

という甘えがあることが今になって露呈しています。

 

このことを忘れず、以後の投資に活かしていきたいと思います。

 

さて、主力のエスティックですが、とにかく上がり過ぎてしまい、持ち切ることができず、天井を付け、下り坂の最初の頃にすべて売ってしまいました。現在はそれよりもかなり下がっています。結果論として正解となっています。

 

100~200万円くらいの投資ですので、あっさり売りぬくことは簡単でそれはそれで良いのですが、こんなことをしていいのかな、という疑問も逆にあります。

 

・長期投資のつもりではなかったのか

・では株価の底はいつどこなのか、どこで買いに向かうことが自分にできるのか。

 

がウヤムヤしており、全くこの点で初心者だなぁと反省しているわけです。

(正解は、epsや業績進捗に応じて投資判断を行うということだとおもいます)

 

米国株のSP500は過去50年において、年率のリターンで15%が出ています。

これに勝てないようでは、趣味としての投資ということを除くと、

”自分のやっていることは時間の無駄”

になります。

ましてこの手法では利益確定が不要になりますので、税の繰り延べが可能です。政府への納税資金で利益を生むことも可能です。

 

本格的に投資に取り組んでそろそろ2年です。

凡人なのはもう十分に理解しているのですが、効果測定タイムもリミットが来ているのかもしれません。

 

f:id:hi-ba-ri:20170407152143p:image