ひばり@中長期投資

ジェレミーシーゲルメソッドを国内市場に落とし込んで投資 来たるべき教育資金の需要と生活資金の足しにするため、投資を行う 。優待獲得と個別分散を組み合わせ、恐怖に打ち克つ。

黄金の3ステップでもうかる はじめてのバリュー株

 

10年前のバリュー投資の入門書を読んだ。

 

角山 智 さんの本。

 

名前は初めてお見かけしました。

 

 

改めて勉強になったことは、基本はやはり変わっていないということ。

 

決算書、財務諸表の読み方、四季報、消費者の視点 等、アタリマエのことが淡々と書かれていた。

 

その中で気になったくだりはいくつかあった

 

その1    2代目社長がバカ息子か気をつけること

 

以下勝手に要約

”経歴をしっかり確認すること。社長就任直後に強気な経営計画を発表しようものなら、疑ってかかる必要がある。悲しいかな、人間は「帝国を築きたい」という性を持っています。とくにオーナー社長は絶対的な存在で、社内では誰も止められません。この会社は株主のために経営されているのか、帝国の拡大を目指しているのか、を意識して見ていく必要がある”

 

 

 

その2 できる個人投資家の15か条

1 倹約家である

2 読書家である

3 投資家心理を理解しており、マーケットに参加する「心構え」ができている

4 自分の視点で考える

5 銘柄選択基準を持っている

6 間違いを素直に認め、修正が早い

7 細かいことにこだわらず、大枠を素早くつかむ

8 自然体で力みがない

9 世の中には多様な考え方があることを認めつつ、他人の意見に左右されない。

10 あくまで自分の得意分野で勝負する

11 株式市場で儲けようと思っておらず、なるべく損をしないよう心がける。

12 パフォーマンスがよくても慢心せず、「年何%稼げる」と豪語することもない。

13 日経平均や為替の予測をしない。常に割安な銘柄を見つけることに専念する

14 株式市場の下落時にも投資を続けることの重要性を理解している

15 楽観ムードには慎重に対応して、悲観ムードでは大胆に行動する

 

 

 

 

 

半分以上は行動できていると思うが、まだまだと思う。

 

 

角山智さん、

教えていただき、ありがとうございました。

 

最後に、、、、